片頭痛・緊張型頭痛の鍼灸

頭痛で悩まない生活をとり戻しましょう

頭痛の患者さまへ

更紗はり灸院におまかせください

楽しみにしていた旅行なのに頭痛のせいで部屋で休むことに‥、明日は大事なプレゼンなのにどうしてこんなときに頭痛が‥、何度もつらい思いをされてきたことでしょう。
鍼灸で体調を整えていくことで頭痛に悩む生活を改善することが出来ます。お薬が飲めない方も大丈夫。名古屋市瑞穂区の更紗はり灸院におまかせください。

確かな技術でサポートします

更紗はり灸院は愛知県鍼灸師会本部の長谷川針灸院と岐阜大学病院の鍼灸外来で磨いた確かな技術で、片頭痛・緊張型頭痛の患者さまを全力でサポートします。お困りでしたら今すぐご予約を!

伸びをする女性

頭痛の症例

同じお悩みの方々です

名古屋市在住 男性30代

3年前から天気の変動で頭痛がするとのこと。週に2,3日は頭痛に苦しんでいる。仕事の?ストレスも関係しているようす。
首肩をみると、頭の付け根あたりと首の付け根あたりの筋肉が硬くなっており、これが頭痛を引き起こしていると思われる。筋肉の緊張を鍼灸でほぐしてやる。3年越しの症状なので週1回で施術を続けることにする。
1ヶ月ほどの施術で頭痛は週に1日程度に減る。4ヶ月あたりから眼精疲労の鍼灸を加えていく。5ヶ月あたりから頭痛のなかった週が増えていき、6ヶ月目から施術を2週に1回ペースに減らす。8ヶ月で頭痛はほとんど無くなったので、様子を見て悪くなりそうなときに随時施術していくことにする。
施術期間中にご長男も誕生されたことも回復の助けになったのでしょう。ヨカッタですね。


頭痛の鍼灸施術

頭痛の種類

頭痛にはズキンズキンと脈打つように痛む片頭痛、ギューッと締め付けられるように痛む緊張型頭痛、1年のある時期に連日目の奥をえぐられるように痛む群発頭痛があります。当院では片頭痛と緊張型頭痛に取り組んでいます。
(別の病気が原因で生じる頭痛は本項には含みません。)


片頭痛

ズキンズキンと脈打つように痛む頭痛で、4時間から長いと3日間続きます。痛みのために日常生活や仕事が制限されてしまい、寝込んでしまうこともあります。歩行などの日常的な動作で痛みがひどくなり、吐き気をともなったりもします。また、光や音,匂いに敏感になります。
一部の人は頭痛が起きる前1時間以内にギザギザした光の波(閃輝暗点)が見えたり、顔や手にしびれを感じる、言葉が思うように出なくなるなどの前兆があります。
『片頭痛』という名前から片側に起こるものと思われがちですが、実は両側に起こることもあります。

片頭痛の原因

はっきりとした原因は分かっていませんが、脳の血管とそれを取り巻く三叉神経が関係している説が主流です。三叉神経に生じる炎症と脳の血管に起こる浮腫のために、血管の拍動を三叉神経が痛みとして感じてしまいます。また、『感作』と言われる脳や神経が敏感になった状態で、普段では痛みに感じないレベルの軽い刺激も痛みとして感じとってしまいます。


緊張型頭痛

ギューッと締め付けられるように痛む頭痛で、30分から長いと7日間続きます。痛みがひどいと日常生活や仕事が制限されてしまうこともあります。歩行などの日常的な動作で痛みが増すことはなく、吐き気をともなうこともありません。

緊張型頭痛の原因

はっきりとした原因は分かっていませんが、頭・顔・首の筋肉の緊張とそれに伴う神経の圧迫、精神的ストレスが関係しているようです。また、『感作』と言われる脳や神経が敏感になった状態で、痛みをより強く感じとってしまいます。


当院の頭痛鍼灸

三叉神経などの神経の興奮を鎮めるツボと首肩の筋緊張をほぐすツボ、痛みに過敏になってる身体を鎮めるツボをもちいて頭痛が起こりにくい状態にしていきます。


施術のながれ

施術はまず、上向きで肘・膝から先にあるツボと、頭部にハリを打ち数分おきます。次に、うつ伏せで膝から先,背中,首にあるツボにハリを打ち数分おきます。
施術を週に1,2回継続していくと、徐々に頭痛の頻度が減っていきます。
 

片頭痛の方は、初回のみ頭痛がないときに限らせていただきます。


 

頭痛のコラム

頭痛に関係する話をお載せしました。ご参考になれば幸いです。
[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

RESERVE&CONTACT

予約制ですのでWEB予約ページで空き状況をご確認いただき、お電話かWEB予約のうえお越しください。また、ご相談などもお気軽にメールください。

電話番号
メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ