PCサイト

メール予約

電話予約

HOME

名古屋市瑞穂区の顔面神経麻痺鍼灸の症例

女性と新緑と代表

HOME > 症例 > 顔面神経麻痺症例

顔面神経麻痺を全力でサポート

顔面神経麻痺の詳細

笑顔の女性

50代、男性の患者さん。


3ケ月前に顔面神経麻痺を発症。自宅近所の耳鼻科でステロイドと抗ウィルス薬を処方してもらい、1週間後から紹介された外科でリハビリをしていた。あまりに治りが悪いので当院にいらした。スコアは12点。発症時のスコアが不明なのだが3ケ月で12点は重症で、眉も口角も下がったままです。

鍼灸を始めて6ケ月、重症だったが順調に回復してほとんど麻痺がわかることはなくなりました。スコア38点。ご本人の自宅トレーニングがしっかりできていたのも良かったのでしょう。病的共同運動がでてしまったが許容できるくらいに収まりました。

アウトドア大好きな愉快な方でした。いつか手打ちのお蕎麦をごちそうしていただけるようです。

50代、女性の患者さん。


6ケ月半前に顔面神経麻痺を発症。病院でステロイドと抗ウィルス薬を処方してもらいリハビリはなかったそうです。当院でみたスコアは27点で、発症3ケ月ころの病院でのスコアが16点だったとのこと。無表情のときは麻痺は分からないが、笑ったときに口が横にまったく広がらないのと、口を動かしたときの目元の病的共同運動がつらいと訴えられる。

ただ、口の動きが良くなると眼元の病的共同運動も強くなる恐れがあるので、そのあたりを注意しながら鍼灸を進めていくことにする。

途中体調不良で1ケ月空いてしまったが、5ケ月後のスコアは30点。口元の動きはわずかに改善されたが、ご期待されたようにはなりませんでした。

できれば発症3ケ月までには鍼灸を始めていただくことをお勧めします。

20代、女性の患者さん。


6年半前に顔面神経麻痺を発症して随分経っていましたが、少しでも麻痺を良くしたいとご来院されました。スコアは36点で全体的には良く治っているのですが、おもに口元の動きが悪くて口角が下がってしまい、表情を作っていない時でも麻痺がわかります。

鍼灸を始めて1ケ月、口角の下がりが無くなってぱっと見で麻痺がわかることはなくなりました。スコア37点。もう2ヶ月継続して口元全体のうごきが少しずつ改善されました。

残念ながら全く麻痺がわからなくなるところまでは到達しませんでしたが、口角の下がりが無くなったので、印象も良くなったのではないでしょうか?

50代、男性の患者さん。


9ヶ月前に顔面神経麻痺を発症して18日目にいらっしゃいました。スコア16点で、病院で抗ウィルス薬とステロイドを処方してもらい3ヶ月で治ると言われたとのこと。取引先の方に当院を紹介されて来たようであまり乗り気でない様子。「鍼やったからって逆に治るの遅くなることないよね」とおっしゃられる始末。過去のデータから3ヶ月では治らないことと、このままでは麻痺が残る恐れもあると説明しましたが怪訝な表情‥。結局5回ほどで消滅。

先日、瞼の動きがおかしいとお電話がありました。ご来院いただいてみたところスコア37点で全体的には良いのですが口元には麻痺が残って笑顔が歪んでいました。眉を挙げる力もギリギリのようでした。

なんとも後味のわるい思いでした。

40代、女性の患者さん。

顔面神経麻痺を発症してから2ヶ月半くらい。病院では1,2ヶ月で治ると言われたのだが、それを過ぎてもまだ麻痺がしっかり残っているので心配になって当院にいらっしゃいました。

当院でのスコアーは24点で、眼もまだ閉じきれないし、笑っても口が横に広がらない。過去の症例からみても治るのに半年は掛かると予想されるくらいの麻痺である。週2回で鍼灸を始める。

発症後3ヶ月に病院で診てもらうとスコアー38点(40点満点なのでほぼ正常!?)といわれるが、当院のみたてでは30点。どうやら楽観的なドクターのようだ。

施術を継続して発症後6ヶ月で40点まで回復。病的共同運動がわずかに確認されたが問題ない程度で、キレイに良くなっていただけました。

ご本人もご納得いただけたようで、ヨカッタ、ヨカッタ。

70代、男性の患者さん。


顔面神経麻痺を発症してから19日目に来院されました。スコアーは8点で重症。無表情では眉も口元もひどく垂れ下がり、色々な表情をしてもどこもあまり動かない。年齢的なこともあって回復はやや厳しいだろうと思われた。

発症から4ヶ月はやはり回復は低調でスコアーは19点だったが、そのあと奇跡的(?)とも言えるほど急激に回復!発症7ヶ月で36点までになった。多少の麻痺が見え隠れするが、ご本人も納得されて終了。

ご自宅でのトレーニングもきっちりしてくださっていたとのこと。前向きな姿勢に身体が答えてくれたのでしょう。

20代、女性の患者さん。


顔面神経麻痺を発症してから2年と2ヶ月。『動きにくさ、非対称な見た目が嫌です。自分の写真に本当に落ち込みます。』とメールを頂いて鍼灸を始めることになりました。スコアーは32点で、無表情のときも眉が下がってしまう。いろいろな表情をすると口元に麻痺が強めに残ってしまっている。笑ったときに口角が上がらないので『口を切り開いて吊り上げてしまいたいくらい‥』とまで言ってしまう。半年後に結婚も控えていてひどく落ち込んでいる様子。

鍼灸を始めて1ヶ月後、スコアーは34点で2点アップ。口元の動きが目に見えて回復してきたので、ご本人は大喜び。若さが後押ししてくれたこともあるのでしょう、5ヶ月後には37点まで回復して終了。細かなところに麻痺が見え隠れするが、知らない人が見ても気が付かない程度になった。

写真撮影も無事に済んであとは挙式です。新しい生活のスタート。お幸せに!

50代、男性の患者さん。


顔面神経麻痺を発症してから2週間ころに来院されました。表情筋スコアーは9点でやや重症です。週2回の鍼灸で進めていくことにしました。

4ヶ月経ったころでもスコアー15点と回復が遅いほうでしたが、この時期は切れた顔面神経が回復して顔の筋肉まで到達するころ。なので、ここからの回復に期待していたところ、それ以降は急激に回復!発症から1年ほど鍼灸施術して、最終的なスコアーは33点でした。

口元の動きに麻痺が残ってしまいましたが、発症時のレベルからすると良く回復したと思います。

もうしばらくは自宅でのトレーニングを続けて下さいね。

40代、男性の患者さん。

顔面神経麻痺を発症して3週間後に来院されました。スコアーは16点で全体に麻痺はあるが、中程度の麻痺。仕事が忙しすぎてずっと疲労が続いているとのこと。週2回で鍼灸をしていくことにする。

発症3ヶ月頃には33点まで順調に回復。ただ、この頃になると切れていなかった神経の回復がほぼ済んでしまうため、麻痺の回復がペースダウンすることがある。

発症5ヶ月頃に37点で、自宅で筋トレとマッサージを続けてもらうことにして終了。

まだまだ回復の余地はありますので頑張ってください。また、あまり身体に無理をさせないように出来るといいですね。

70代、女性の患者さん。


顔面神経麻痺を発症して40日目に来院されました。スコアーは11点でパッとみても明らかに麻痺がわかる程度。自己流に強いマッサージや顔の運動、引っ張ったりもしていた。すべて止めてもらい、週2回のペースで鍼灸を始める。

年齢的なこともあって回復を心配していたが、思ったよりも回復が順調で、発症から9ヶ月のころにはスコアーは39点になりきれいに回復。口元の力が少し弱いところが残っているが、自宅での筋トレを続けてもらうことにして終了した。

自宅でのマッサージや筋トレもしっかりやってくださったお陰でしょう。頑張りましたね。

70代、男性の患者さん。


顔面神経麻痺を発症して3ヶ月過ぎたあたりで来院される。麻痺が左右両側に発症していたためスコアーが付け辛いが34点で、左右とも割と順調に回復していると思われる。ただ、以前はもっとイイ笑顔ができたとご本人は悩んでいらっしゃる。確かに笑ったときに口角が上がっておらず不機嫌そうな笑顔になってしまっている。週2回のペースで鍼灸を始める。

発症5ヶ月ほどて口角が上がるようになってステキな笑顔が戻りご本人も満足そう。だが口がうまく閉じれず汁物がこぼれそうになる。口を閉じる筋トレも併用してもらって施術を続ける。
8ヶ月になるころには口を閉じる力もある程度回復してスコアーは38点。1年までは筋トレを続けてもらうことにして終了。

いつもお洒落な格好でいらっしゃる方でした。まだ少し麻痺が残っていますがステキな笑顔が戻って良かったです。

50代、男性の患者さん。


顔面神経麻痺を発症して1年と2ヶ月経ってから来院されました。スコアーは31点で目元から上は麻痺を感じさせないが口元の麻痺が強く残っており、笑っても口が横にあまり広がらず、頬を膨らまそうにも口がしっかり閉じられずに息が漏れてほとんど膨らまない状態。週1回のペースで鍼灸を始める。

始めて7週間ほどて口がある程度は横に広がるようになり、頬も以前よりは膨らむようになって、スコアー33点になる。その後も少しずつ力が入るようになる。

4ヶ月過ぎたころにはスコアーこそ変わらないが、口の横への広がりも、頬の膨らませも左右対称に近いところまで回復した。

ここから先はもうしばらく筋トレをしてもらうことにして終了。あと少しがんばって!

30代、女性の患者さん。


顔面神経麻痺を発症して8ヶ月頃に来院されました。スコアーは28点で無表情のときには麻痺が判らないが、表情を作ると全体に麻痺がわかる。発症の2週間後に12点と病院で診断されて、治ると思っていたが治らないので来院されたとのこと。口角が上がらずしゃべりにくい。週1回のペースで鍼灸を始める。

始めて1ヶ月で目元と頬が改善して31点になる。それからは点数に反映されるほどの変化はないが、口角も動きやすくなって発症から13ヶ月で終了した。

発症から半年以上たった場合でも2~7点改善した例はあるが、できれば発症後すぐから始めた方が良いでしょう。

40代、女性の患者さん。


顔面神経麻痺を発症して16日目で来院されました。産後19日目に発症したため、赤ちゃんの誕生を祝う気持ちも吹き飛んでしまったことでしょう。スコアー11点で麻痺はやや強め。週2回のペースで鍼灸を始める。

ところが、始めて2週間でウィルス性結膜炎にかかってしまい、眼科医から鍼灸治療を休むように言われて中断することに。その後も母親が倒れられるなどがあって、再開できたのは発症から4ヶ月半過ぎてしまってからでした。

再開時のスコアーは28点。母親の面倒を看なければいけないため週1回のペースにする。

発症から1年まで鍼灸を続けてスコアーは35点まで回復したものの、口元に麻痺が目立つ程度に残ってしまった。それでも、患者さんが筋トレをがんばってくださった効果が2点分は上乗せされています。

発症時の麻痺が同程度の患者さんに比べて施術期間も大幅に掛かり、麻痺も強めに残ってしまうことになりました。初めの4ヶ月半に施術を続けていられれば‥、施術を週2回でやれていれば‥、実際にはどうであったか判らないのですが、大きく悔やまれます。

20代、男性の患者さん。


顔面神経麻痺を発症して16日目で来院されました。スコアー10点でぱっと見た目にも麻痺がしっかり分かる程度。週2回のペースで鍼灸を始める。

発症後3ヶ月で36点に回復したところで回復が一度停滞する。回復の過程ではよく見られることなので大丈夫。もう3ヶ月かけて39点まで回復出来た。

まだ少し目元の力が弱いようだが、トレーニングを続けていけばこれも回復するでしょう。
元の笑顔に戻れて良かったですね。

40代、男性の患者さん。


顔面神経麻痺を発症して10日で来院されました。スコアー10点でぱっと見た目にも麻痺がしっかり分かる程度。週2回のペースで鍼灸を始める。

発症後2ヶ月で37点まで回復することが出来て一安心。3ヶ月ころまで様子をみて38点で終了。
口元の筋力にやや弱いところがありますが、トレーニングをしていけば回復するでしょう。

トレーニングがんばって!

50代、女性の患者さん。


4年ほど前に顔面神経麻痺を発症したとのこと。スコアーは27点でぱっと見た目には判らないが、動き全体に麻痺が少しずつ残っている。少しでも回復すればと当院にいらっしゃる。

週1回の鍼灸を始めて2ヶ月半ほどで額,目元,口元が全体に回復してスコアー33点になる。

もうしばらく施術を続けて少しでも笑顔が戻っていただければと思います。

50代、男性の患者さん。


顔面神経麻痺を発症して3ヶ月少し経った頃に来院されました。スコアー23点でぱっと見た目にもやや麻痺が分かるが、全体的に麻痺が回復しており良い状態ではある。週2回のペースで鍼灸をと勧めたが仕事で週1回が限界とのこと。

施術を始めて経過を観ていると回復が通常よりも低調で不安があったが、発症11ヶ月で37点まで回復することが出来て一安心した。

発症後6ヶ月を過ぎるとある時期から急に回復が止まってしまうことがよく観られるので、その時期までに出来るだけ回復を急がせたく、患者さんには週2回の鍼灸施術を勧めています。この患者さんは運良く11ヶ月過ぎたころでも回復が止まらなかったので幸いでしたが、あまり賭けには出たくないものです。

30代、女性の患者さん。


妊娠20週で顔面神経麻痺を発症。その2週間後にいらっしゃいました。表情筋スコアー12点で麻痺はやや重めである。

週2回で鍼灸を始めて発症5ヶ月ころまでに徐々に回復してスコアー21点になるが、回復としてはやや鈍い。もう産まれそうなのでとの電話をいただき治療を一旦中断。

1ヶ月経たないうちに施術を再開。そこで驚きの変化が!再開初日にスコアーを調べるとなんと31点!たった1ヶ月足らずで10点アップ!しかも何もしていないのに‥。

その後、週1回で3ヶ月施術を続けてスコアー34点まで回復しました。

以前にも産後すぐに顔面神経麻痺を発症した重症の患者さんが短期間でほぼ正常なレベルまで回復したことがありました。産後は身体を回復させる力が著しいのでしょう。改めて出産の神秘を感じさせられた患者さんでした。

40代、男性の患者さん。


顔面神経麻痺を発症後3週間ほどでいらしゃいました。表情筋スコアーは19点で軽症ではあるが、安静時にも麻痺が見てとれるのと口元の麻痺が強いので、回復に3,4ヶ月はかかるであろうと思われる。

週2回で鍼灸を始める。順調に回復し3ヶ月後にはスコアー38点で鼻の辺りと口元にまだ少し麻痺があるが、あとは自宅で筋トレしていただくことにして終了。

もうしばらくは自分でリハビリ頑張ってくださいね。

4歳、女性の患者さん。


お父さんの仕事で2年前からヨーロッパ暮らし。顔面神経麻痺を発症して50日ほど経つが治る気配が一向にみられず、心配したお母さんが現地から電話していらっしゃいました。

帰国したその日にさっそく来院。発症当初から何もしないと麻痺は判らないが、スコアは13点(お子さんなので32点満点で)で軽症ではなさそうだが、以前のお子さんのケースからみてキレイにもどるであろうと思われる。

鍼灸を始めると、1週間後には全体に動きが出てきた。週1回で5回治療したところでスコアは26点。どの部位の動きもほんの少し弱いがパッと見て麻痺が判らない程度に回復。

許されるならあと1ヶ月続けてちゃんと確認できると安心なのだが、ヨーロッパに戻らなければならないとのことで終了。

とっても可愛らしいお嬢さんでした。怒った顔も素敵でしたよ。

70代、男性の患者さん。


よその鍼灸院で右側の顔面神経麻痺の鍼灸を受けていて、良くなりかけたころに左側も発症。右側が良くなってからなのか、左側の発症から4ヶ月経ったころに当院にいらっしゃいました。

スコアは31点で悪くはないのですが、安静時にも麻痺がはっきり判る程度。後遺症がすでに出てきており、口をすぼめると左眼が閉じてしまいます。

週に1回の鍼灸を続けて5ヶ月半、スコアは37点。安静時の表情は麻痺があると判っていなければ気付かない程度に回復。口元の表情にわずかに麻痺が残ってしまいました。

出てしまっていた後遺症はリハビリ法を指導させていただきましたが、残念ながら残っています。表情筋のトレーニングは当分続けて頂くことにして終了。

御飯が食べづらいとこぼしていらっしゃいました。トレーニングを頑張って続けてくださいね。

40代、男性の患者さん。


ハント症候群で、顔面神経麻痺発症から4ヶ月後に来院されました。迷っているうちに日にちが経ってしまったとのこと。表情筋スコアーは14点で無表情でも麻痺がわかるくらいで、この時期にすると重症な様子。

週2回の鍼灸を始めて無表情での麻痺が判らなくなるまで2ヶ月、眼が閉じられるようになるまで3ヶ月かかりました。

発症から1年、鍼灸を始めてから8ヶ月でスコアーは32点、開始から1年で33点まで回復。額と口元に麻痺が残ってしまいましたが、一段落して月1回で様子をみながら続けていくことにしました。

満足できる結果とまではできませんでしたが、少しでもお力になれていれば幸いです。

50代、男性の患者さん。


顔面神経麻痺発症11日目で来院されました。いらしたときは左顔が垂れて麻痺がハッキリ判る程度でスコア10点でした。この時期は麻痺のピークのときなので、もうしばらく様子を見ないと重症度はわからないが軽いものではなさそう。

週2回で鍼灸施術しながら変化を見ると早い時期から麻痺が改善していくので重症でもなさそう。治療開始から1ヶ月でのスコアは24点で順調な回復。4ヶ月後のスコアが38点になったところで、自宅でトレーニングをしていただくことにして終了。

口元にわずかに麻痺がまだありますが、トレーニングで回復するでしょう。もうしばらく頑張ってください。

14歳、男性の患者さん。


顔面神経麻痺発症10日目の病院のスコアーが8点、ENoGが0%で麻痺が残るだろうと言われて20日目に当院に来院される。

初診時にはパッと見て麻痺があるのがわかるくらいだったが、スコアーは11点だったのでひどい麻痺が残ることはないと思われた。しかも若いし!若い人の治癒力はビックリするくらい違う。

週に2回の鍼灸を続けていくことにする。始めの2ヶ月の回復は低調だったが、3ヶ月目からの回復は見事なもので、合計5ヶ月で39点まで回復!あとは自分で簡単なリハビリを続ければ良いので治療終了。

最初にENoGが0%と聞いたときに『?』と思いましたが、おそらく計測ミスでしょう。うまく計測しないと数値が低く出てしまうと聞いたことがあります。ENoGの数値が低くてもあまり信じ過ぎないことです。元の笑顔で中学3年生を迎えるお手伝いができて本当によかった。

3歳、男性の患者さん。


1ヶ月前に顔面神経麻痺を発症してベル麻痺と診断されたのですが、全然治ってこないと当院にいらっしゃいました。

来院されたときはおそらく16点くらいであろう(わざと表情をつくってくれないので‥)と思われましたが、パッと見ても麻痺が分からない程度でした。

約2ヶ月半の間、週に1回の鍼灸をしました。表情筋スコアーは30点に回復(お子さん故にできない表情もあるため満点を32点にしました)。口元と額にほんの少し麻痺が残っていますがあとは自然に回復するでしょう。

めでたく終了。
初めは泣き叫んでどうなることかと思いましたが、3回目くらいからは施術に慣れて余裕でした。

でも、寝起きはやっぱり機嫌悪かったなぁ。

50代、女性の患者さん。


約3ヶ月前に顔面神経麻痺を発症、入院して抗ウィルス薬とステロイドを投与される。
その後はリハビリもなく、なかなか表情が回復しないので当院を受診される。
来院時のスコアーは18点でした。

週に2回の鍼灸をしていき3ヶ月後、スコアー37点に回復。
病的共同運動などの後遺症もなくきれいに良くなっていただけました。

良くなるまではずっと不安だったのでしょう。
最終日に『こちらで鍼するのが心の支えでした』と言ってくださいました。
お力になれて本望です。

70代、女性の患者さん。


5月の中旬に顔面神経麻痺を発症。病院に1週間入院したあと6月下旬に来院される。来院時の表情筋スコアーは13点で、麻痺が残るかどうかの境のあたり。週に2回の鍼灸を続けて6ヶ月、スコアー34点で口元の回復途中ではあるがご本人がご納得され年末で終了。

麻痺が強かった時期は外出するのもはばかられたとのこと。目元、口元の麻痺が回復するにしたがってお友達とお会いする機会が増えたと喜んでいらっしゃいました。

5歳、女性の患者さん。


2ヶ月前に顔面神経麻痺を発症して、病院で顔面神経減荷術を受けた後で当院にいらっしゃいました。

病院での初期の表情筋スコアーは2点、来院されたときは16点でパッと見ても麻痺がハッキリ分かる程度でした。

約2ヶ月の間に8回の鍼灸をしました。表情筋スコアーは30点に回復(お子さん故にできない表情もあるため満点を32点にしました)。口元にほんの少し麻痺が残っていますが、ここまでくればあとは自然に回復するでしょう。

めでたく終了。
元気な可愛らしい女の子でお会いするのが楽しみでした。

40代、男性の患者さん。


1週間前、左の下マブタの痙攣と舌の感覚がおかしいのとで顔面神経麻痺の発症に気づく。耳鼻科で顔面神経麻痺と診断され抗ウィルス薬とステロイドの投与が終わったところで、知り合いが鍼灸で良くしたと聞き当院に来院される。

表情筋スコア18点で、神経のダメージは軽い方と思われる。1~2か月ほどで表情はほぼ元に戻ると思われる。

鍼灸を開始して40日後、スコア37点に回復し終了。まだ動きに違和感を感じるとのことだが、神経は回復しているので徐々に違和感もなくなっていくと思われる。

高校時代に帯状疱疹をしたことがあるとのことなので、疲れから抵抗力が落ちてウィルスが再発したのでしょう。

帯状疱疹の既往がある方は顔面神経麻痺のリスクがありますので気に留めておいてくださいね。おかしいと気づいたら間を置かずに先ずは病院に行きましょう。

60代、男性の患者さん。


2011年の11月頃、出張中に顔面神経麻痺を発症。病院でベル麻痺と診断されてステロイド投与を受ける。3ヶ月あたりから鍼灸を大阪で受けていたが、名古屋に転勤になり昨年2013年の9月に当院にいらっしゃる。

目元の動きは良いが、口元の麻痺が回復していない。こわばり感も強い。
鍼灸と自分でやるリハビリを覚えていただく。

1年10ヶ月経過しているので急激な回復は期待できませんでしたが、スコア29点だったものが7ケ月施術して33点まで回復しました。

まだまだ口元の麻痺が気になるでしょうが、じっくり良くしていきましょう。

26歳、男性の患者さん。


10月の初旬に顔面神経麻痺を発症、病院でステロイドと抗ウィルス薬を処方されたのちに来院される。

来院時はスコアー13点。およそ2週間後に26点、2ケ月後に39点と順調に回復されました。

年を越さずに回復して良かったですね。もうしばらくはお願いしたリハビリはしてくださいね。

9歳、男性の患者さん。


2週間ほど前にディズニーランドに行った帰りあたりから顔面神経麻痺を発症したとのこと。思いっきり遊び疲れたのが原因かもしれない。

スコアは21点なのでひとまず安心、さらに子供の回復力は大人よりも高いのでさらに安心。ただ、まだまだ子供なので細かい注意事項は守れないが、幸いまだ夏休みなのでしばらくはお母さんの目が届く範囲で注意してもらう。
鍼を怖がることもなく頑張りました。麻痺が軽かったのと、子供の回復力のおかげ?で2週間で良くなりました。

夏休み中に良くなってよかったね。あとは宿題の読書感想文だね

30代、女性の患者さん。


昨年の春に顔面神経麻痺を発症して入院、抗ウィルス薬とステロイドを投与。その後も東京の病院に行くなどしたが麻痺が残ってしまい、10か月を過ぎたところで当院にいらっしゃる。

目元、口元ともに麻痺が残っている状態。明るく話をされてはいるが内心は落ち込んでいらっしゃることでしょう。

日にちが経っているのでどこまで回復できるかわかりませんが、精一杯施術させていただきます。

28才、女性の患者さん。


昨年9月に出産されて2週間たったあたりでラムゼイハント症候群を発症。出産疲れで体調がダウンして免疫力が低下していまい発症したのでしょう。病院で抗ウィルス剤とステロイドを処方される。発症から1ヶ月を過ぎたころに当院にいらっしゃる。
当初スコアー8点で厳しいかとも思いましたが、順調に回復。

週2回、5ヶ月経ったところでほぼ回復したので終了。まだ笑うと口元に麻痺が残っているが、自分でリハビリを続ければ回復するレベルです。

始めて来院されたときは無表情でも麻痺側が垂れ下がっていたので、出産の喜びも吹き飛ぶくらいショックだったと思いますが、きれいに回復して良かったですね。

これからは子育てがんばってくださいね。

30代、男性の患者さん。


11月後半から引いた風邪が長引き、治ったと思ったところで顔面神経麻痺を発症。病院で処置を受けたのち、6日後に当院に来院される。

そのときのスコアーが11点で微妙なところでしたが、順調に回復されて1ヶ月半でちゃんと表情ができるところまで治りました。

違和感などはまだしばらく残るでしょうが、日にちとともに良くなるでしょう。

よかったですね。

40代、女性の患者さん。


2月下旬に顔面神経麻痺を発症されてすぐに耳鼻科を受診されて入院されました。退院後すぐに当院に来院。

発症後2週間目で鍼灸を始め、週に2回、4ヶ月でゆっくりとした顔の動きは正常に戻りました。

ただ、マバタキのような素早い動きが出来ないので施術を続行。3ヶ月後にはマバタキも正常に出来るようになりました。

顔のこわばり感など、患者さんがまだ不安なところがあったので、もう2ヶ月続行。いろいろお話しして不安がなくなったので終了。

顔面神経麻痺は顔の動きが戻ってからもこわばり感などが残りますが、2,3年かけて徐々に改善していきます。しばらくは顔のマッサージや運動は続けてくださいね。

20代、男性の患者さん。


5月末に顔面神経麻痺を発症。病院で治療を受けてゆっくりと表情を作れるようにはなったが、ふいに笑ったりしたときに目元・口元の動きが遅くてちゃんとした笑顔にならないとのこと。7月末に当院を受診されました。

3ヶ月、鍼灸と筋力強化のリハビリを行ってもらい、顔の動きも気にならなくなりました。

年末にはお子さんが誕生するようです。思いっきり笑顔を見せてあげてください。

60代、男性の患者さん。


5月20日に顔面神経麻痺を発症されて30日には鍼灸を始めました。
スコアー12点だったので早く治るとは思っていましたが、ちょうど1ヶ月で37点まで回復されました。かなりハイペースな回復です。

微妙に額と口元にまだ麻痺がありますが、残りは自宅でのマッサージと運動で治るでしょう。

早く手当てを開始したのが良かったのでしょう。

40代、男性の患者さん。


12月下旬にいらしたときはスコアー10点で、『このまま治らなかったらどうしよう‥』と、かなり心配されていました。

でも、1ヶ月後の1月下旬にはスコアー34点まで回復。2月上旬には36点で終了。
ご本人も『日に日に治っていくのが実感できる』と大喜びでした。

40代、男性の患者さん。


10日ほど前に顔面神経麻痺を発症、眼が閉じられなくなり病院を受診。
抗ウィルス薬とステロイドを投与される。症状が進行しているので当院に来院される。

すましていると麻痺はほとんど分らないが、表情を作ろうとすると麻痺がはっきり分る。

発症前に精神的にショックを受けることがあったとのこと。心身が弱ったときに発症するのはよくあること。

鍼灸と日常での注意点をお話しして、初回は終了。週2回で続けていく。麻痺は軽いほうなので、3ヶ月くらいで回復するでしょう。

50代、女性の患者さん。


4月の下旬に顔面神経麻痺を発症。病院を受診、入院をすすめられたが仕事が忙しく通院でのステロイド治療。病院では回復の見込みがないように言われて当院に来院される。

来院時の表情筋スコアーは11点でしたが、鍼灸治療開始後3ヶ月で33点まで回復。目元は良くなっているが口元は麻痺が残っているものの、回復途中なので良くなる見込みは充分にある。


4ヶ月目のスコアー確認直前に、お家の事情で急きょ中断されることになったため確認できませんでしたが、自宅での顔面麻痺の体操を続ければ口元も充分に回復するでしょう。

20代、女性の患者さん。


3ヶ月前に出産されたばかりで体調が万全でなかったからでしょう。
今月初めに右顔面神経麻痺を発症。
何もせずにいると麻痺がわからない程度なので比較的軽症です。

6月初めに産後の体調不備から右顔面に発症。
顔を動かさないと麻痺がわからないほどではあるものの、額も目も口もほとんど動かない状態でした。

7月初旬には8割がた回復し、8月下旬には良くなりました。

10代、女性の患者さん。


大学に入学したばかりで、いろいろ悩みがあって顔面神経麻痺発症の2週間前は食事もまともにしていなかったとのこと。

顔の右半分がほとんど動かず、味覚・聴覚にも障害が出ていて重度の麻痺。

知多の方から週2回、授業後に通っていただく。
当院での鍼灸に加えて、自宅でも表情のトレーニング。

発症後約8ヶ月、通院約7ヶ月で終了。

麻痺はほぼ良くなり、普通に話していると分らない程度に回復。
大きく笑ったりすると口元の動きに少し麻痺が残ったのが残念。

ワニの眼や病的共同運動などの後遺症も残さないように回復できた。

10代でいろいろやりたいこともあるなか、がんばって通ってくださいました。
何とかきれいにしてあげたいと、少し厳しいことも言ってしまいました。ごめんなさい。
まだ大学は3年あるから今までの分まで楽しんでくださいね。

顔面神経麻痺の詳細

住所

 名古屋市瑞穂区東栄町3-4-1
       サクラ東栄レジデンス1F


駐車場の地図
地図をタッチすると拡大します。
アクセス詳細
院の正面外観

営業時間

 午前 9:00~12:00
 午後 3:00~ 8:00
  (土曜日は午後 6:00まで)

休業日

 木曜日,日曜日
 祝日は営業します

メール予約できます
予約

料金

 初見料        2000円
 施術料  一般施術  3700円
      逆子施術  3000円
        (料金は税込みです)

料金の詳細

電話番号

花飾り