生理痛の鍼灸

子宮まわりの血行を改善しましょう

HOME | 他の適応症状 | 生理痛

生理痛の患者さまへ

更紗はり灸院におまかせください

生理痛がひどいと辛いですね。寝込んでしまうほど痛いと仕事や学校にも行けない、家事も出来ない。そのうえ、周囲に話しても理解してもらえずに怠けているとさえ思われてしまう。
大丈夫ですよ。鍼灸は生理痛によく効きます。1~3ヶ月ほどで効果がわかります。不妊症やチョコレート嚢胞でいらした患者さまのうちで生理痛のひどい方も、まず初めに生理痛が軽くなっています。名古屋市瑞穂区の更紗はり灸院におまかせください。

確かな技術でサポートします

更紗はり灸院は愛知県鍼灸師会本部の長谷川針灸院と岐阜大学病院の鍼灸外来で磨いた確かな技術で、生理痛の患者さまを全力でサポートします。お困りでしたら今すぐご予約を!

ヨガをする女性

患者さまのお声

同じお悩みだった方々からです

生理痛の患者さま 40歳

その節はお世話になりました〇〇です。手術も無事に終わり予定通り〇月26日に退院できました‥


生理痛の鍼灸施術

生理痛の原因

どうして生理のときに痛くなるのでしょう?それは、生理のときに子宮内膜からプロスタグランジンというホルモンが分泌されて、その作用で子宮がギュ~ッと収縮するためと、収縮したせいで血行障害を起こして痛みを感じるのです。また、少数ですが子宮頚管口が極端に狭いために、子宮が剥がれた内膜を排出するときに痛みを感じることもあります。
 
生理痛の酷い方は、プロスタグランジンがもともと多く分泌されるか、子宮内膜症や子宮筋腫などにより多く分泌されることに加えて、冷え性などによって子宮周辺の血行が良くない方たちです。そのためにプロスタグランジンが子宮から血流に乗って排出されず、いつまでも多量のプロスタグランジンが子宮に留まってしまい、子宮がより強く収縮してしまうことが生理痛を酷くしています。


当院の生理痛鍼灸

生理痛を穏やかにするには、子宮周辺の血行を良くしてやって子宮からプロスタグランジンを早く排出させてやれば良いのです。お風呂で温めて血行を良くしてやると痛みが楽になった経験ありますよね。
 
当院では子宮を活性するツボ9ケ所を中心に、そのほかホルモンに係わる脳を活性するツボをくわえて、普段から子宮周辺の血行が良い身体づくりをめざします。もちろん、患者さまの状態にあわせてツボは加減いたします。また、下腹部に鍼を打つことはないので「ちょっと恥ずかしいかも…」といった不安はありません。生理周期のいつから(生理中でも)始めても大丈夫です。


施術のながれ

施術はまず、上向きで肘・膝から先にあるツボにハリを打ち数分おきます。おへそ辺りにはタオルの上から温かいお灸をします。次に、うつ伏せで背中と腰にあるツボにハリを打ち数分おきます。腰部には温かいお灸もします。
 
着替えをご用意しておりますので、下着姿で施術をお受けいただくことはありません。ご安心ください。
 
施術を週に1,2回継続していくと、1~3ヶ月ごろから変化が現れます。改善具合をみながら徐々に施術間隔をあけて終了にもっていきます。


なぜ生理痛の鍼灸を?

当院が不妊症やチョコレート嚢胞、生理不順などの婦人科の鍼灸を重点に取りくむキッカケになったのは、当時36歳のMAさまでした。MAさまは無月経症で20代後半から徐々に生理の間隔が長くなって、1年のうち数える程しかなくなってしまったそうです。
それまでの施術の方法ではMAさまの無月経にはまったく歯が立ちませんでした。たくさんの症例報告や本を読んで施術の参考にしたり、勉強会に参加して症例報告や本では得られない生の情報を求めたり。そうこうしている間に月日は2年半過ぎてしまいました。相変わらず生理は来ていないにもかかわらず、MAさまは辛抱強く通ってくださっています。なんとか信頼に応えなければともがいて、効果のある施術法に行きついたのがちょうどその頃でした。
それから8ヶ月毎月続けて薄茶色の出血がみられるようになり、その後は2ヶ月に1度ペースで正常な生理に変わっていきました。そこまでたどり着くのに4年の歳月でした。
その施術法を不妊症や生理痛で悩んで来院された患者さまに用いたところ、 『排卵周期が改善される』『生理痛が軽くなる』『チョコレート嚢胞が小さくなる』など様々な効果をもたらすことができたのです。
さらに平成30年からは、それまでの施術法をいちだんと発展させた 『ホルモン活性療法』を施しています。全ての患者さまの期待に応えるためには留まることのない発展が必要で、今もその手を緩めることはできません。

今はこんな患者さまが

同じお悩みの方々です

名古屋市在住 43歳

6年半前に子宮内膜症(子宮腺筋症)と診断されて低用量ピルによる人工的な生理にすることで治まっていたのですが、半年前から再び生理痛で痛み止めを飲んでも寝込むようになったので当院にいらっしゃいました。病院では子宮腺筋症が進行しているとも言われて、お薬を替えたがご本人には合わなかったとのことでご不安な様子です。
3ケ月ほどの鍼灸施術で変化がでてくると思われます。がんばっていきましょうね。

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

RESERVE&CONTACT

予約制ですのでWEB予約ページで空き状況をご確認いただき、お電話かWEB予約のうえお越しください。また、ご相談などもお気軽にメールください。

電話番号
メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ