更年期障害の鍼灸

やりたいことができる自分であるために

HOME | 他の適応症状 | 更年期障害

更年期障害の患者さまへ

更紗はり灸院におまかせください

「顔がほてる」「夜眠れない」「動悸がする」「すぐイライラする」「憂鬱になってしまう」「疲れやすい」‥女性がセカンドステージを迎えるといろいろなつらい症状に悩まされることがあります。ホルモンバランスの変化が自律神経の乱れを引き起こしているからです。
鍼灸で自律神経のはたらきを整えて安心できる生活を取り戻しましょう。名古屋市瑞穂区の更紗はり灸院におまかせください。

確かな技術でサポートします

更紗はり灸院は愛知県鍼灸師会本部の長谷川針灸院と岐阜大学病院の鍼灸外来で磨いた確かな技術で、更年期障害の患者さまを全力でサポートします。お困りでしたら今すぐご予約を!

ヨガをする女性

患者さまのお声

同じお悩みだった方々からです

不眠・全身倦怠の患者さま 女性52歳

受験、介護が重なり毎日慌ただしく生活しております。絶好調とはいいがたいですがなんとか生活でき感謝しております‥


更年期障害の鍼灸施術

更年期障害の原因

更年期障害の正体は自律神経の失調なのです。
女性の生理に関係するFSHとエストロゲン(いわゆる女性ホルモン、E2)というホルモンのバランスは脳の視床下部というところでとられています。まずFSHが脳から出て血流にのって卵巣にたどり着きます。卵巣の中ではFSHに刺激されて卵胞が大きく成長しながらエストロゲンを出します。このとき脳の方ではエストロゲンの出具合をチェックしていて、十分に出ているようだとFSHの量を少なく抑えてバランスをとります。
ところが閉経の時期には卵巣内の卵胞が無くなるためにエストロゲンが出なくなります。脳の方ではFSHの量を増やしてエストロゲンをなんとか出そうとするために、エストロゲンがゼロでFSHが多量というバランスのとれない状態になります。
この状態が続くと視床下部のはたらきが弱ってしまいます。すると、視床下部では自律神経のバランスもとっているために自律神経が乱れてしまい、さまざまな体調不良を引き起こしてしまうのです。


当院の更年期障害鍼灸

当院では視床下部のはたらきを整えるツボ12ケ所を中心に、患者さまそれぞれの状態にあわせてツボを選択して施術していきます。エストロゲンを増やすことはできませんが、視床下部が新しいバランスに慣れるまでのあいだ働きを整えます。

また、患者さま自身でも起床・就寝を規則正しくする、朝食をしっかりと取る、運動する時間をつくる、などなど生活の質をあげると良いでしょう。むずかしいとあきらめずに、出来るところから少しずつ変えていきましょう。


施術のながれ

施術はまず、上向きで肘・膝から先にあるツボにハリを打ち数分おきます。次に、うつ伏せで背中と腰にあるツボにハリを打ちふたたび数分おきます。
 
女性の患者さまには着替えをご用意しておりますので、下着姿で施術をお受けいただくことはありません。ご安心ください。

施術は週に1,2回で進めます。あせらずにゆっくりやっていきましょう。


今はこんな患者さまが

同じお悩みの方々です

動悸・めまい 名古屋市在住 女性53歳

以前はいたって健康だったが48歳で閉経してから肩こり・頭痛が始まる。半年前から不整脈がでるようになり、1ケ月前から動悸・めまいが出始める。
脈や身体をみると自律神経の乱れと身体の弱りがでているので、自律神経を整えて弱りを補う鍼を週1回でしていく。
2回目にいらしたときには動悸・めまいが割と良くなったとのこと。その後も下腹の張り感や不眠などを訴えられるが、そのたびに数回の施術で症状を抑えています。仕事のストレスなどもあるのでしょう。いっしょに良くしていきましょう。

更年期障害のコラム

更年期障害に関係する話をお載せしました。ご参考になれば幸いです。

 

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

RESERVE&CONTACT

予約制ですのでWEB予約ページで空き状況をご確認いただき、お電話かWEB予約のうえお越しください。また、ご相談などもお気軽にメールください。

電話番号
メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ