PCサイト

メール予約

電話予約

HOME

名古屋市瑞穂区の不妊症鍼灸コラム3

女性と新緑と代表

HOME > 不妊症 > 何回すれば

不妊症の患者さまを全力でサポート

見出し記号タイミング,人工授精,体外受精 いったい何回すれば授かるの?

がんばって治療していくのにも、ある程度の目安がないとやっていられませんよね。施設ごとに成績の差もありますが、わかる範囲でまとめてみました。

タイミングで妊娠できた方のうち80%が7,8回までに妊娠されています。7,8回で妊娠されない方は不妊になる原因があるとも考えられるので人工授精へのステップアップを考える時期です。

人工授精で妊娠できた方のうち80%が6,7回までに妊娠されています。6,7回で妊娠されない方はさらに体外受精へのステップアップを考える時期です。

人工授精で妊娠できた人の割合を年齢別にみると以下のようになります。
  34歳以下   3~5人に1人
  35~39歳  5~10人に1人
  40歳以上   10人~ に1人

アメリカ、ハーバード大学の論文では以下の回数で妊娠されない方はステップアップするのが良いとされています。
  35歳以下   5~6回
  36~37歳  3~4回
  38~39歳  2回
  40~42歳  1回
  43歳以上   0回

ただし、ここまでの話はタイミング,人工授精ともに妊娠にいたるまでの回数です。妊娠後に無事に出産にいたる割合は以下のようになります。
  34歳以下   5人に4人ほど
  35~39歳  4人に3人ほど
  40~41歳  5人に3人ほど
  42~43歳  2人に1人ほど

残念ながら流産などになってしまったときは、次のトライで無事に出産できるように祈りましょう。

体外受精は日本産婦人科学会が出した2010年のデータをもとに見てみましょう。

日本全国の登録施設で行われた体外受精・顕微授精の『治療数』(胚移植前に中止になったものも含む),そのうちの『胚移植数』,『出生数』から、
①出生1人あたりの治療数=治療数/出生数
②出生1人あたりの胚移植数=胚移植数/出生数
を年齢別にみると以下のようになります。

         ①      ②
  30歳    5.03   3.46
  35歳    6.14   4.19
  38歳    8.64   5.57
  40歳   12.9    7.56
  42歳   27.3   13.6
  43歳   49.2   22.3

30歳では、①5.03ですから平均的に5回の治療を受ければ赤ちゃんを授かることができる、②3.46ですから平均的に3~4回胚移植ができれば赤ちゃんを授かることができると解釈できます。

ただ、40歳では①12.9ですから平均的に13回治療を受ければ赤ちゃんを授かることができるとなりますが、現実には1年に多くても12回しか治療は受けられませんので、13回受けている間に41歳になってしまい、13回よりもさらに多い回数を見込まなければなりません。42歳,43歳も同様に見込まなければなりません。

住所

 名古屋市瑞穂区東栄町3-4-1
       サクラ東栄レジデンス1F


駐車場の地図
地図をタッチすると拡大します。
アクセス詳細
院の正面外観

営業時間

 午前 9:00~12:00
 午後 3:00~ 8:00
  (土曜日は午後 6:00まで)

休業日

 木曜日,日曜日
 祝日は営業します

メール予約できます
予約

料金

 初見料        2000円
 施術料  一般施術  3700円
      逆子施術  3000円
        (料金は税込みです)

料金の詳細

電話番号

花飾り